テーマ:アメリカ

映画恋しちゃうかなに告ぐ

<●ミュージカル仕立ての作品には、弱いなー。物語がどんなに悪かろうが、ついつい、高く評論してしまう。 もともと、はちゃめちゃな2人だから、作品も滅茶苦茶になる。脚本はあって、ないものに等しいのではないか。2人のアドリブが、優先しているかもしれない。 それにしても、観客が少ない。ガキが、大笑いをしている。ラストの場面では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画501日の秋に告ぐ(ネタバレあり)

●500日間だけの、切なくも、男性からの視点で描かれた失恋物語かな。未来・過去と、次から次へと場面が切り替わるから、ちょっと、流れについていけない個所もあるな。 秘書として就職した、サマー。トムとの、出会いが始まる。それが、1日目だ。その後、2人は仲良くなって行く。トムは、恋愛感情を抱き、結婚を決意する。 サマーは、傷つくの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画オオカミ男に告ぐ

●ハリウッドは、ゾンビ・吸血鬼・幽霊、そしてオオカミ男などが、好きだなー。それだけ、ネタが尽きている証拠だな。音響効果も恐怖感も、なし。 しかも、18世紀のイギリスが舞台だ。アンソニーは、風格があるけど、おじいちゃん役が適役だろう。父親の設定には、無理がある。 ベニチオも、太ったなー。007時代の面影が、全然ない。もう、40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画タイタンに告ぐ

●お金がもったいないので、2Dを見た。意外と混んでいるな。旧作のタイタンの、あのぎこちない動き、アナログ式がなつかしいなー。CGだと、今ひとつなじめない。 「オリンポスの神々」と、つい比較してしまった。「オリンポス」では、天界の王・ゼウスが長男だと思ったな。 この作品では、冥界の王ハデスが兄になっている。しかも、海界のポセイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ハニーも外国人に告ぐ

●この作品は、原作者本人が、実名で登場しているのか? しかも、夫婦でどこかで出演しているみたいだ。自叙伝か? 父親のことも、実話なのかな? 国際結婚の時代だ。外国人と結婚すると、2人はどんな苦労をするのだろうか? 亭主がアメリカ人だから、普通だな。まだ、ましなほうだ。 亭主が、イラクなどのイスラム教徒だと、日本人妻はもっと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画第9地帯に告ぐ

●宇宙人は、20年前に来たみたいだ。これだけの破壊武器を所有していても攻撃してこない。母船内では、病気(?)で、死者が続出しているみたいだ。 侵略目的なのか、友好的なのか、何しに来たのかよく分からない。母船は、壊れて稼動しない。仕方なく、難民となって、南アフリカの区域で生活をしている。 アメリカの武器会社は、これらの兵器が欲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画忍者の暗殺者に告ぐ

●忘れた頃にハリウッドは、忍者映画を製作するな。相変わらず、好きだなー。当時、ブームの仕掛け人、ケイン・コスギのパパ(ショー)がまたもや登場している。 フランス映画「タクシー2(?)」でも、「忍者作戦」が出てきていたかな。9つの忍者部族が、存在するようだ。その中の1部族が、どこかの国のお寺で修行をしている。 当然、極秘の修行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画閉ざされた島に告ぐ

●予告編で、「この2本の線は、同じ長さです」という内容から、真犯人を予測してしまった。ビンゴ! 予想通り、当たってしまった。 チラシでは、「上映から何分でこのナゾが解けますか?」とあるが、予告編で当ててしまった。最近、この手の映画が多いから、「統計学的」に解明ができた。 但し、ハリウッドによるサスペンス・推理映画の場合、「動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画誰も私にキスをしてくれないに告ぐ

●何だかなー。サスペンスか、コメディーかなと思ったけれど、テーマも分からなかった。何を言いたいのか、その主張がつかめない作品だな。 ハイスクールが舞台だから、字幕は横文字だらけだ。読めねー。マキも、21歳かな? でも、16歳~17歳の学生役だ。 キスシーンが、多いなー。マキも、キスするような役者になったのか。何だか、イメージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画サイドマン(原題?)に告ぐ

●アメリカン・フットボールは、よく知らない。サッカーだと、ゴールを決めると有名人になれる。それでも、アシスト(補助?)も多少、評価される。 アメフトにも、そんなアシスト的な役割があるようだ。それが、サイドマンか? 実話のようだ。映画内で、「2009年」が登場しているから、すごい速さで映画を製作したみたいだな。 アメリカには、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画アイアン・フィスト6に告ぐ

●ゲームをやらないから、この世界のことは良く分からない。チラシ情報によると、このゲームも6作品目になるのか。そんなに、売れているのか? 登場人物は、全てゲームと同じ氏名なのかな。支配者三島平八・息子一八(かずや)、風間仁と母準。その他、10人くらい登場しているのかな。 近未来の世界。8つの連合軍が、世界を支配しているらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画大空へ(原題?)に告ぐ

●リーマンショックなどで、大企業も不景気になった。その多くの人事部が、直接雇用者に、解雇通告ができない。下手に工作すると、逆に訴えられる。 そこで代わって誕生したのが、「リストラ宣告会社」だ。アメリカ国内を、アメリカン航空とヒルトンホテルなどを使って、ジョージが解雇通告しに出張する。 そんなある日、出張の多い営業女性と知り合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画吸血鬼はダレジャに告ぐ

●吹き替え版だった。原作は相当ヒットしたみたいだけれど、何だかなー、C級映画かな。出演者の多くも、パッとしない。バンパイア映画は、もうあきたな。 渡辺謙が出演しているとは、知らなかった。自分自身で、本人役を吹き替えしたのか。遺伝子が狂った、変人奇人のサーカス団の団長をやっている。税金を、払っているのか。 そこに、バンパイアが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画モーガン夫妻に告ぐ

●シュワちゃんの「イレイザー」は、「証人」を守る役だった。今回は、「証人」が主人公の映画だ。しかも、夫婦間の危機を描いている。 アクションなし、推理性なし。でも、コミカルに描き笑いがあり、町人との深い信頼関係、それなりに面白くできている。下らない演出が、ラストで生かされている。 亭主の浮気から、別居状態の夫婦。弁護士の亭主に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画負けざる者たちに告ぐ

●単純な実話だけど、なかなか、面白い作品かな。チラシを読むと、ラストには勝敗の結果が記載されていた。それもこれも、監督の力量だろうな。 今年で80歳になるのか、もう引退してもいい頃だろう。お金だって、たくさんあるだろうし。筋トレをした肉体だから、元気なんだろうな。 逆に、仕事をしていないと、ボケてくるのかな。奥さんから、家族…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画美しい骨に告ぐ

●前評判がいいので、観に行った。全世界で1000万部以上。製作・監督・出演者も、有名人だ。期待したけれど、何だかなー。 なぜか、「指輪物語」が登場している。キングコングも、登場させろよ。監督も、ちょっと遊んでいるな。 これは、「映画ゴースト」のパクリか、ヒッチコック並みのサスペンスかと思ったが、そうでもない。ちょっと、がっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画パラアクに告ぐ

●テレビCMでは、試写会を観ているギャルが、ギャーギャー騒いでいた。ビクっとするようなシーンは、なかったな。それでも、ヒットする理由はあるかもしれない。 近年、「ブレアウィッチ」から、ビデオカメラによる映画化が多いな。低予算映画が、活性化されることはいいことだ。これで、若者たちに希望がもてる。 でもなー、ビデオに頼りすぎるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画国際労働者連盟に告ぐ

●電子辞書(和英辞典)で調べたら、こういう訳が出てきた。ほんまかいな。他に、訳はないのか。ちょっと、眠ってしまった。ちょっと、理解していない。 ドイツのとある銀行が、裏でなぜかミサイルを購入している。世界をまたに駆ける巨大銀行ともなれば、取引先も多種多様だ。 銀行の裏側を暴こうとした人が、暗殺された。捜査官は、暗殺者を追った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV東京ですけど何か(テポドン編)

●11時30分。今度は、正真正銘のロケットが発射された。予想通り、衛星の打ち上げだったな。誤報は、想定外だった。ありえない。 防衛省・自衛隊は、何をやっているのだ。多額の防衛費を捻出しても、アホな公務員が担当していては、意味がない。防衛「庁」に格下げしようぜ。 誤報を出した担当者・部署は、減給・降格処分だ。とはいうものの、公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画バカ犬に告ぐ

●日本の犬映画の大半は、実話が多い。アメリカでは、想像の犬作品が多い。この作品も原作があるのかな。作者の実体験が、もとになった映画なのかな。 全米では、記録的なヒットをしたようだ。果たして、日本でもヒットするのかな。犬を買ってから、犬が死ぬまでの約10年数年間の物語らしい。 犬は通常、利口なのだが、家の中を荒らしまわるとんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北だテポドンだ全面戦争だー

●日本(東北)の上空を、勝手に飛ばされると思うと、危険だし不愉快だよな。ミスでも、ブースターやミサイルが国内に落下したらムカつくぞ。 日本も種子島から勝手に北朝鮮の上空に打ち上げて、衛星を飛ばそうぜ。予告すれば、北朝鮮も素直に許してくれるのかな。 人工衛星だろうが、ミサイルだろうが、日米は迎撃するみたいだ。でーもー、成功はし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画見張り役に告ぐ

●160分は長いぜよ。トイレタイムが怖かった。何とか、劇場を抜けずに済んだ。チラシを見た時点では、内容がよく分からなかった。 1940年、ミニッツメンとして、数人のスーパーヒーローの組織が作られた。歴史的な事件の影に、彼らが存在した。 1951年、科学実験の失敗により、物理学者が超能力を得てしまった。JFK暗殺の犯人は、コメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりイチローはすごかった

●お客が全然こないので、最初っから視てしまった。アメリカ戦に続き、心臓に悪いぞ。不調続きのイチローだったが、やっと本領を発揮したか。 イチローで始まり、イチローで終わったようなものだ。窮地を、イチローがつなげたようなものだ。イチローのバントは、芸術的だな。通常、自分が犠牲になるものだが、韓国は2人とも倒すことができなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画戦死者を選ぶ者に告ぐ

●ヒトラー暗殺計画を企む、将校たちの実話を描いた映画のようだ。ヒトラーに忠誠を誓っても、やはり死傷するのは嫌だ。反旗を翻したい。 当然ながら、ヒトラーは1945年頃まで生存している。自決している(らしい)。となると、この作戦は失敗するということだ。 大佐は、実行犯として何度も暗殺計画を企て、そして爆破に成功する(?)。むしろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチローの動体視力は大丈夫か

●日米決戦。職場が暇なので、テレビを視ていた。何だか、心臓に悪いなー。8回だっけ、代走は正解だったな。盗塁もしている。 そこへ、不振続きのイチローだ。1発ヒットだー。代走は帰ってきた。イチローも、ようやく調子が出てきたかな。 それにしても、今回のイチローは調子が悪い。どうした? 体調が悪いのか。イチローは、「体調の不振」という言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画龍の玉々々々々々々に告ぐ

●マンガを読んだこともなければ、テレビもろくに視たことがない。それにしても、何だかなー。イメージ悪いなー。 烏山も、予告編では、ハリウッド版だから仕方がないようなことを明記してあったな。映画の場合、原作とはかけ離れるから、仕方がないのかな。 まだ、ヤッターマンのほうが良かったな。悟飯って、悟空の息子でなかったかな。両親は、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画やっておしまいに告ぐ

●そこそこに、面白い作品かな。イメージを極力損ねないで、描かれている。ドロボー3人組みが、アニメそっくりだけに驚いた。 フカキョンは、ドロンジョには似ているけれど、胸が小さい、声が小さい。ちょっとだけ、イメージダウン。2人の恋の演出は、いらないだろう。 30数年前、良く見ていたなー。この歳になって、理屈に合わないなどと、子供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画乗客たちに告ぐ

●飛行機事故が起きた。なぜか、5人の乗客(パッセンジャーズ)が助かった。心理ケアとして、上司(先生?)からアンが任命された。 最初は、ダラダラとした内容で物語が進行する。途中、また眠ってしまった。最近、上映中の居眠りが多くなってきたな。 5人の証言が、食い違う。なぜか、警察官や航空局が出てこない。航空会社の男性が、突然、アン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新幹線はアメリカで売れるかな

●麻生は、オバマに新幹線を売りたいらしい。燃費の悪い、パワーだけのアメリカ車では、環境によくない。新幹線のほうがまだましだ。 アメリカは、自動車に頼りすぎて鉄道産業が遅れている。この販売には、フランス・スペインも、名乗りを上げている。 アメリカに限らず、世界各国で新幹線の利用を目論んでいる。採用されたら、莫大な利益が得られる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画7つの贈り物に告ぐ

●交通事故で失態を犯したウィルが、その罪滅ぼしを決意する。7人の被害者・遺族に対して謝罪をするのかと思ったら、全くの他人だった。 何だか、がっかり。見知らぬ他人を救済しても、意味ないじゃん。国税庁の徴収員(?)が、履歴を調べて贈りたい人を探す。明らかに違法だ。 目の不自由な男性。心臓発作の女性。子供2人を持つ女性。入院中の男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more