命のひきかえに(超短編小説。臓器移植編)

●ロサンゼルス。病院。

病室のドアには、「Yosio Ohkuro(大黒義雄)」と明記されている。ベッドの上では、チューブにつながれた義雄(2)が、仰向けで寝ている。腎臓・肝臓・小腸等に先天的な疾患がある。危篤状態だ。

看護師である母敏子が、悲観に暮れ、「ご免ね、ご免ね…」とただひたすら謝って泣き伏せている。義雄には、もう未来はないようだ。

テレビからは、日本人のある児童が、サンフランシスコで移植するためにやってくることが放送されていた。

敏子「お母さん、絶対に希望を捨てないからね。ドナー(臓器提供者)はきっと現れるからね。信じるのよ…」

もう、待っていられない。敏子は、民間団体に頼らず、自分でドナー探しをすることを決意するのであった。
○ ○

成田空港。母沢渡陽子が、夫光彦と娘博恵(1)に別れを告げた。息子佑太(2)の心臓移植を実現するために、アメリカに向かうのであった。

全国から集められた善意の募金は、1億円以上も集められた。大切なお金だ。佑太を助けなければならない。移植が成功した時、佑太は日本国民に恩返しをしなければならない。

お金では返せないが、医者か科学者などになって、日本のために貢献してもらいたい。陽子は、そう決めた。
○    ○

アメリカ。サンフランシスコ。

だが、1カ月たっても、ドナー(臓器提供者)は現れなかった。アメリカのどこかの子供が死ななければ、臓器は回ってこない。

移植とは言っても、子供の誰かが死ぬことを、陽子は待ち望んでいるのだ。合致者が、事故などで死亡してくれなければ、佑太は助からない。

アメリカ国内で、1日に数100名以上の子供が事故・事件・病気などで死んでいる。その中で、お互いに生体が合致する確率も低い。

遺族が、臓器提供の意思表示を拒否するかもしれない。快く、承諾してくれなければ、佑太に未来はない。せっかく渡米しても、生存の確率は低いであろう。

子供の1人が死に、子供の1人が助かる。我が子が死んで悲しむ家族がいれば、死んでもらって喜ぶ家族もいる。残酷な現実でもある。

一抹の希望もなく、佑太は死んだ。陽子が部屋を空けている間に、モニターの機器類が停止していた。佑太は移植を受けられずに、短い命を絶つのであった。陽子は、泣き崩れるしかなかった。

医師が、「臓器移植の承諾」を陽子に求めた。心臓以外の、大半の臓器は健康だ。移植に使用できる。現在アメリカでは、5人の子供が、佑太の臓器を欲しがっている。待っている。

佑太の住所・氏名を知れば、親族たちは大金をはたいても、これらの臓器を売ってくれと迫ってくるだろう。

脅迫してくるかもしれない。殺人事件に発展するかもしれない。臓器提供は、善意で無償で極秘で進めなければならない。

誰に臓器を提供するのか、誰から臓器をもらうのか。それを知っているのは、NPO団体だけだ。

臓器移植は無料の奉仕だ。それは、お互いに知らないことで成り立つ制度である。

だが陽子は、移植を拒否した。我が子の身体が、切り刻まれるのだ。

遺体を日本に運んで、安らかに眠らせたい。完全な身体で、生涯、供養したいとそう思った。
○ ○

数十年後。とある墓地。40代前半の、2人の夫婦がいる。妻が、墓の前で手を合わせている。

佑太の妹、博恵である。今日は、命日のようだ。博恵は、夫の顔に視線を振り向けた。

博恵「あなた、お身体の状態は、大丈夫なんですか。最近、仕事が忙しいんでしょう」

夫「なぜか、内臓だけは、すこぶる健康でね」

博恵「あなたは、良かったですね。移植を受けられて…」

夫「誰の臓器なのかは知らないけれど、大切に使わせてもらうよ」

そこへ、夫の秘書が現れた。
秘書「大黒厚生労働大臣、時間です…。明日は、臓器移植法改正案の議決日です」

陽子は、結果的には佑太の臓器移植を承諾したようだ。その事実は、夫や娘には伝えていなかった。家族にも内密に、移植が実施されたらしい。

3人は、佑太の墓石を後にするのであった。
○ ○

ロサンゼルス。病院。

年老いた敏子が、ベッドの上で横たわっている。人工透析を受けている。腎臓を患っている。敏子は、息子義雄への手紙を書いている。遺書のようだ。

主治医が付き添っている。義雄の主治医でもある。

主治医は、全てを知っていた。佑太は自然死ではなかった。

敏子は、ドナーを探して調べた。佑太と義雄との生体が、合致したのだ。看護師である敏子が、殺したのだ。ばれずに殺すことは、簡単だった。

今、敏子の腎臓と合致しているのは、皮肉にも息子の義雄の腎臓だった。それは、自らの手で殺した、佑太の腎臓でもあった。

「息子さんの、生体腎蔵移植を希望しますか?」

「それだけは、できません…」
敏子は、臓器提供を拒んだ。

深夜、チューブを外して、敏子は自らの命を絶つことを決意するのであった。それが、佑太への謝罪であった。

他人の命とのひきかえに、自分の命を提供するのであった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック