あれ取ってこれ取って6・7

●おばさん「あれ取って、それ持って、これやって」

背が低いから手が届かない、取れない。筋力がないから持てない。体力がないから、持久力がない。女だから、できなーい。そんな理由が通じるか。

仕事だぞ。できなければ、工夫しなさい。女性だと思って、調子にのるな。今は、男女平等の時代だよ。そのぐらい、自分でやれ。男性も忙しいのだ。相手にしているほど、暇ではない。

いたいけでか弱いギャル「ねえ、あれ取ってー」
おじさん「はーい」

 おばさんには厳格だが、美人で可愛いいギャルには、おじさんはとても優しいのだ。おばさんとギャルとの格差、これを「女性差別」と言う。

●体力がない女性は雇用したくない7
 とあるコンテナ会社。

男性上司「私は、女性だからと言って、容赦はしないよ。差別はしない。大型トラックに、荷物を目いっぱい詰め込みなさい。コンテナの積み下ろしをしなさい。文句は言わせない」

女性「これ、女性に対するいじめですか?」

男性上司「このぐらいは、男性にとって当たり前の仕事なのだよ」

女性「あたし、辞めさせてもらいます。できません」

男性上司「やっぱり、女性を雇用するんじゃなかった」





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック