●小説 渋谷11

モニタービルA
大画面に、5人の男性が登場した。
「ワイルド・ジャック」。ダンスユニットの、アイドルグループだ。
アイドルダンサーのヒロシがいる。巡査の宏と、同じ顔をしている。

ボーカルAが、前面に立って歌い出す。4人は、Aの背後で踊り出す。
ミュージックB、開始。

交差点
信号式ダンスで踊っている、宏。

渋谷駅を背にして、宏は急に踊りを止めた。
往来している人々。

制服を着た100人の男女の若者たちが、交差点内に残って、宏の後ろで一定の間隔を開けて整列する。
宏を中心にして、全員が正面を向く。

その他の通行人は、歩道上で立ち止まった。交差点内には、宏と100人だけがいる。101人だ。
真顔な顔で立っている、宏。

強烈な突風が、宏の顔と全身に当たる。
モニタービルAから、5人の歌が流れた。

宏は、踊り始めた。
背後の若者たちが、ぐるっと横に回ると従業員の制服に変身した。

渋谷百貨店、大江戸百貨店、渋谷駅駅員、スーパー渋谷、ハンバーガー店、渋谷の区役所職員、

バス会社のドライバーとバスガイド、牛丼屋、ドラッグストア、渋谷北銀行の各10名、総勢100人が踊り出し始めた。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック