映画花よりだんごに告ぐ


テレビもマンガも、見たことがない。金曜日の生放送が、映画と関連しているということで見たが、単なる総集編だった。松本潤のいない、嵐と道明寺が歌って、それで終わり。ガッカリ。

レイトショーが、2回も行われている。前売り券が24万枚も売れている。そんなに、この映画は面白いのかな。涙も感動もない、ただのコメディだったな。

婚約の儀式として、ティアラがまり子からツクシに贈られた。それには、4つの意味が隠されていた。しかし、何者かによって盗まれた。何のために、目的は。

このアクション監督は、日本人だな。司も盗賊(エグザイル?)も、それなりに訓練したのであろう。しょせん日本映画のアクションは、この程度か。香港映画だったら、許さないぞ。

司とツクシは、ティアラを追ってラスベガス、香港、南の島へと向かう。F4が、集結した。盗難を扱う裏社会で、F4たちは対立する。

黒幕は誰か。ホテルのオーナー、藤木か。謎の男、北大路か。母まり子か。F3か。2人は、疑心暗鬼に襲われる。

否、巨大なグループが、2人に災いを与えたようだ。で、この犯罪ゲームを計画したのは、誰なのだ? で、巨大なグループを求めて、2人は日本に向かうのであった。

司の夢は、ツクシを愛することにある。ツクシの夢は、二番目に司を愛し、一番目に最高の人を愛することだった。

果たして2人は、ティアラを取り戻して結婚ができるのであろうか。チャンチャン。

真央真央の度アップが出てくるが、肌がきれいだな。シミ・ソバカスが全然ない。ちまたにはびこる厚化粧のギャルたちよ、少しは見習え。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック