整体は法律違反だらけだぞー


たまに、色々な整体に行く。なぜか、「中国整体」という名称が、多いな。整体というから、首・背骨・骨盤などの骨格矯正が主目的だと思っていた。

お客として受けていると、何となく整体とは思えない。納得しない。明らかに、「指圧、マッサージ」だ。ツボを刺激している。親指で押している。

整体は、民間資格だ。どうみても、国家資格のやり方だ。違法行為だ。手技を使用する、カイロプラクティックのほうが良いかもしれない。

施術者は、平然と「ツボ、指圧、治療」などと言ってのけている。「ネンザ・五十肩・関節痛も治しますよ」と言っていた。おいおい。この店は、骨格矯正を3分の1くらいしか実施していないぞ。

民間資格のボディケア業が、駅前や大型スーパーで、雨後(うご)の竹の子のごとく設立されている。反面、商売にならなくてすぐに消えてもいる。

国家資格の業界は、売り上げが減少して悲鳴を上げている。警察や関連団体は、何か対処しているのだろうか。取り締まる気はあるのかな。

それでも、民間資格の技術もバカにできない。効くときは、効いている。圧が入っている。下手くそな施術者もたまにいるが、その時は、2度と行かないだけだ。

技術的には、国家資格の指圧・マッサージのほうが劣っているのではないか。国家資格だと、授業料も高い。だからこそ、民間資格がウヨウヨと出没するのであろう。

それでも、違法行為は許されない。ツボとは言わずに、「反射区」と呼ぼう。指圧とは言わずに、「押圧、ヒジ・ヒザわざ、手技など」と呼ぼう。

警察は、早急に違反している業者を取り締まりなさい。できるかなー。捜査するだけの人材が、足りているのかなー。摘発ができなくとも、せめて行政指導でもしよう。

自分が弁護士だったら、「当店は指圧でなく、骨格矯正をしています」などと、言い訳をして逃げ切るであろうな。簡単には、起訴させないぞと。














この記事へのコメント

この記事へのトラックバック