マンタマンタに告ぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画指名手配に告ぐ

<<   作成日時 : 2008/09/22 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


このタイトル、映画作品としては多くないか。以前も、このタイトルの映画を観たような気がする。このタイトルは、原題か。他に、合致したタイトルはないのか。

1000年前から存在した暗殺組織。発祥地は、アメリカじゃないよな。1000年前は、インディアンしか棲息していなかったぞ。イギリスかな。この設定、理解できなかった。

お城のような発祥地が出てくるけれど、舞台はアメリカではないよな。イギリスか、他の国だよな。変な疑問を、抱かせないでくれよな。

組織の裏切り者クロスが、男性の父親を殺害した。男性は、ジョリーに拾われた。訓練の結果、クロスと戦うことを決意する。組織は、クロスに対し指名手配を下す。暗殺だ。

予告編でもやっていたけれど、ビルから飛び降りるシーンは、ありえねー。お前は、スーパーマンか。CGもいいけれど、現実感なし。マンガの世界だ。

みんな、絶対に死なない。ケガをしても、すぐ復活する。奇抜なアクションもいいけれど、これは絶対的に不可能だ。

こういう作品が増えると、映画がつまらない。ハラハラ感・ドキドキ感なし。悪い子は、マネをするぞ。悪い子は、ケガをするぞ。製作者も、少しは考えて作品を作ろう。

男性は、クロスと接近した。クロスも、男性に接近した。そこで暴かれる、重大な事実。このドンデン返しの設定は、一応物語として成り立っているな。ちょっと、安心した。

ラストの銃撃シーンは、R15でないと鑑賞できないな。過激すぎ。テレビ放映では、カットだらけだな。そして、男性に選択を求められた。組織を守るか、自分を抹消するか。

ジョリーは決断した。それにしても、弾丸が、曲がるなんてありえねー。この設定は、勘弁して。悪いヤクザや自衛隊や警察が、マネをするぞ。

この映画、パロディーかな。似通った、過去の映画作品が、ふんだんに出てくる。70年代の映画が、何だかなつかしく思えた。

◎予断だけど、「闇の子供たち」が、タイで上映禁止になった。バンコク国際映画祭に出品されないらしい。観光地を目指すタイとしては、イメージを損なうようだ。

でも、事実だから否定はできない。東南アジア諸国では、日本人による買春ツアーも盛んだった。今でも、闇社会では存在しているはずだ。

日本でも、戦前は子供たちが売られていたと思う。買春ツアーのおかげで、タイ国政府は税収がうるおっていたのだぞ。タイは、事実を受け入れろ。

悔しかったら、日本を批判するような映画を、タイ政府は製作をしなさい。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画指名手配に告ぐ マンタマンタに告ぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる