モデルハウスは夢の家なのだ

暇つぶしに、初めてモデルハウスに行ってきた。多くの企業が、展示出展している。2件ほど、見た。立派。でかい。キレイ。室内が広い。ホームエレベーター付き。耐震住宅。4LDK。

オール電化。雨水貯水槽付き。太陽光発電付き。足を伸ばせる浴室。老人に優しい、ユニバーサル・デザインなどなど。こんな家に、住んでみたい。収納は、ちょっと不満足。

と思ったが、逆の味方をすると、これだけ広い土地が、日本にはない。こんな家は、現実に建築できない。現実に、居住できない。押入れがない。しょせん、展示用に作られたものだ。

建築契約するには、土地を先に購入しないと、設計士に依頼できない。家の間取りが決定できない。家を建設するには、自分や家族の意見を取り入れないと、設計はできない。

モデルハウスを安易に、信用するな。見た目にだまされるな。自分は、一戸建て(4LDK)の家が欲しいな。結婚願望はない。1人暮らしだ。商売も併用してみたい。

でーもー、そんなお金はない。家は、下らない夢物語だな。現実を見つめよう。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック