映画バーンアフターに告ぐ

予告編では、衝撃の結末というが、何だかよく分からんな。複雑な人間関係が絡んでいるため、理解に苦しむ。途中で、登場人物が理解できなくなった。

悪いのは、誰なのだ? 財務省か、CIAか、ブラットかジョージなのか。このCD、誰がジムに持ち込んだのだ。男性が持ち込んだのに、女性ロッカーで男性職員が拾ったことになっている。

CIAを退職したジョン。その妻(精神科医?)が、ジョージ(財務省職員?)と浮気をしている。ジョージの妻は、絵本作家だ。何者かが、ジョージを自動車でつけている。

ジムで働く、ブラットと整形願望の女性。CDをつかって、持ち主に会い恐喝しようと企む。整形願望の女性は、出会い系サイトで男性をあさっている。なぜか、ジョージと出会ってしまう。

このジョージは、浮気症か。不倫相手とは、結婚する気がないのかな。そして予告編の通り、ジョージの目の前で、男性が死んでいる。果たして、この男性は誰なのか。

自動車で尾行し、さらにさらに誰かが尾行をしている。殺人事件が、おかしな展開になっていく。果たして、この6人はどうなってしまうのであろうか。
















バーン・アフター・リーディング (ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー 出演) [DVD]

ユーザレビュー:
これは傑作ですこれは ...
What did w ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック