映画パラアクに告ぐ

●テレビCMでは、試写会を観ているギャルが、ギャーギャー騒いでいた。ビクっとするようなシーンは、なかったな。それでも、ヒットする理由はあるかもしれない。

近年、「ブレアウィッチ」から、ビデオカメラによる映画化が多いな。低予算映画が、活性化されることはいいことだ。これで、若者たちに希望がもてる。

でもなー、ビデオに頼りすぎるのも問題がある。大手の製作・配給会社などは、原点に返ったほうがいいな。製作費が、高騰しすぎる。

だからといって日本も、韓国・中国・台湾・タイなどに、製作を依頼しないようにしてもらいたいな。次世代が、育成されなくなる。

同棲している男女。本名か。出演者は、3人だ。霊能力者が登場するが、役に立たない。男性が、ビデオカメラを購入したところから始まる。約30日間の物語。

夜な夜な、ポルターガイスト現象に襲わる。監督が、ベッドの下などに隠れて、色々な仕掛けをしているのだろうな。CGを使ったり、送風機も使っているのかな。

2時間くらい、じっとしている場面がある。本当に立っているのか。編集で、カメラの時間を早くしているよなー。日本版コックリさんのCGは、上手くできていたな。

就寝中、音が気こえる。これは監督が、編集して入れた効果音か音楽か? 心霊現象なのか、区別がつかなかった。

寝室の画面は、どこを見ればよいのか分からないから、目が疲れる。まるで、アハ体験を受けているみたいだ。注視する個所は、白いドア、廊下、シーツなど。

予告編でもやっていたが、人間がカメラに向かってくるこのシーンは、ワイヤーを使っているのかな。人形だよな。よく、この演出を考えたな。感服した。

どの映画もそうだけど、ビデオによるラストは、ちょっと中途半端に終わることが多い。この作品のラストは、笑顔で終わってくれて良かったな。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック