映画漫才ギャングに告ぐ

●映画の日。本来なら、漫才・ライト・ロサンゼルスを観る予定だった。地震だー。上映中止だー。バカヤロー!!! 

予定が大幅に狂ったぞー。ライトの前売り券を、買ってないぞー。赤字だぞーと。

漫才は、ギャルたちがゲラゲラと大笑いしていたなー。映画とはいえ、漫才を通じて観客を笑わせるのは、大変なことだぞ。

出演者は、みな、よい演技をしていたな。宮川は、素でやっていないか。

似合わないのは、上池だな。何だか、設定に無理がある。漫才師に、元ヤンキーはいても、チンピラはいないだろう。

ギャングというより、漫才チンピラが、合致している。で、ラストのあの人は、誰なのだ?
謎を残したまま、終わっているな。スッキリしない終わり方は、嫌いだな。







漫才ギャング(1)
楽天ブックス
単行本コミックス 品川祐 阿部潤 角川書店 角川グル-プパブリッ発行年月:2011年03月01日 予

楽天市場 by 漫才ギャング(1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック