テーマ:秋田県

国会図書館へ行ったどー

●初めて、国会図書館へ行った。デビューしたぞー。ネットで、行き先方法を調べた。JR東京駅から有楽町駅へ行き、都営地下鉄永田町駅で降りた。駅から、すぐ近くだ。 2階から中に入ると、トイレがない。電車内で汗をかいたので、Tシャツを着替えたい。それができない。厳重な通用口を通らないと、トイレにはいけないようだ。 そこにあるロッカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家系図だよーん(登記所編)3

●市役所で除籍簿を取り寄せることで、今までご先祖様を探していた。もう、限界にきた。その先は、探すことができない。 先日、実家(A県)の登記簿を取ろうと居住地の登記所(B県)へ行った。登記所のネットは、全国の登記所とつながっている。 居住地の登記所(B県)でも、遠方の登記所(A県)から「全部事項証明書」を取得できる。但し、所有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家系図の作成だよーん2

●図書館司書さんあんたは偉い…。 でも、古い地図と新しい地図がある。ゼンリン会社が作成した、住宅地図だ。図書館に行けば、住所の特定ができる。 だが、住居表示の変更、区画整理、合併などで追跡が困難になる。ところが、勤務する女性司書が応援をしてくれた。 女性司書は、文献などの書籍がどこにあるのかを把握している。すぐに数冊、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家系図の作成だよーん1

●両親が死んでから、なぜか家系図に関心を抱くようになった。これを作って何になるかというと、何も得る事はない。 しいて言えば、推定相続人が20名以上いることが分かった。従兄弟になると、知らない連中ばかりだ。他人も同じだ。顔も知らなければ、住所も知らない。 往復封筒で、他県の市役所へ、両家の直系親族の除籍簿(750円の定額為替)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more